その他の職場について

看護師が病院以外でも活躍する事が出来る職場はあります。例えば普通の企業に就職することも可能ですが、勿論看護師として就職する事も出来ます。大きな会社だと社員の健康状態についてケアを行っているところが多くなってきているので、会社の中に医務室を設置するケースが出てきていると言われています。

その為、会社の中に作られた医務室に看護師として就職することが可能となっているのです。会社の医務室の中で看護師として働く場合、その仕事内容は外来患者を扱う看護師と似た内容となっています。そして社員の健康管理について相談にのることも仕事の一つとなります。

看護師として働く為には、『看護師養成学校』を卒業していなければなりません。何故なら『看護師養成学校』に入って卒業し、そこでようやく看護師になる為の資格試験を受験出来るようになるからです。

看護師資格を持っている人が、看護師養成学校の講師として講義を行うことがあります。看護師資格を持っているという事は、看護師試験のノウハウ、看護師になる為必要とされる知識を持っているという事ですから、このような方が講師として指導するのは妥当と言えるでしょう。

学校には保健室があり、その保健室には『養護教諭』、いわゆる保健の先生がいます。学校で看護師として働く場合、仕事は生徒達の健康に関する指導を行いますが、先生の健康管理を任される場合もあると言われています。

準夜勤の流れについて

準夜勤の看護師の仕事の流れは、初めに日勤の看護師から申し送りを受ける事からスタートします。それから暫くすると患者さんの夕食の時間となるので、準夜勤の看護師は夕食の用意、配膳を行います。

準夜勤に限らず、食事の前後で薬を服用しなければならない患者さんもいますから、そういった患者さんに薬を与えたり、服用する薬について説明をしたり、服用についての注意をすることも看護師の仕事です。患者さんの夕食の用意をする他に、介助が必要な患者さんもいるので、自分で食事をとれない患者さんの食事の介助を行う事も看護師の役目の一つとなります。

準夜勤は勤務時間中に就寝の時間が訪れるので、患者さんの就寝に向けて準備をする事も準夜勤の看護師の仕事の1つです。そして患者さんがしっかり眠れるように準備をするのも準夜勤の看護師の仕事となります。

必要であれば就寝の準備中に物品の片付けを行う事が多いとされています。一日の最後には検診を行うこともあり、検温を計る、又は血糖値を測るのも就寝の準備中の時間帯に行われるのが多い模様。作業がすべて終わると消灯時間になり、消灯時間になれば患者さんは眠ろうとします。患者さんが眠るからといって看護師も休む事が出来るわけではありません。

消灯時間になった後、看護師は次に患者さんの容体をチェックする為、定期的に巡回に訪れます。定期的に様子をチェックしにいく事で、もし患者さんの容体に異変があればすぐに対応し、医師にすぐ連絡を行います。