医療関係について

具体的に看護師の仕事を見ると、どういった事が挙げられるのか?
まず“看護師”の仕事で切り離す事が出来ないのは“医療に関する業務”と言えるでしょう。

一日の内、患者さんには何度か検査を実施しなければならないので、患者さんの状態を検査で見極めます。具体的には、“問診”“検温”“測脈”“血圧”の検査を行います。これらの検査は看護師が全て行いますから、決まった時刻に検査を行って、患者さんの状態を確認します。

そして検査結果の情報をしっかり記録して、医師がその記録を元に治療方針を決めるようにしており、今後に行う治療の説明をするのも看護師の勤めです。

患者さんの検査を行う必要がある時は、患者さんにあらかじめどのように検査器具を使用し、何を調べてどう検査するのかを告知しなければなりません。基本的に、入院している患者さんは定期的に薬の服用をする必要がある場合がほとんどと言えるでしょう。病で入院している人がほとんどなので、治療法である薬を欠かす事は絶対に出来ません。

薬の服用については、毎日決まった時間に薬を服用するようになっていて、薬は看護師が決まった時間に渡す事になります。

体の状態によって薬が最初に服用したものと変わって事もある為、看護師は新たに服用する薬は一体どういった効果があるのか、どのような副作用があるのか等薬の説明を行う必要があります。

患者のケアについて

看護師の仕事は、医療に関するものの他にもう一つ重要な仕事があります。それは“患者さんの身の回りの世話”をする事です。
入院患者さんの中には大きな病にかかり、自力で日常生活を出来なくなってしまう人もいます。ですから、看護師が介助をすることで、患者さんの日常生活を手助けします。

日常生活の手助けは、具体的には『食事』『排泄』『入浴』等になります。食事の際には配膳する事、食器の後片付けですが、患者さんが腕を骨折していたり、自分で食事する事が出来ない場合も介助をすることになります。

そして入浴の介助となると、多種多様な仕事が含まれます。患者さんの容体によって服を脱がせたり、背中を流す必要がある場合があります。中にはお風呂に入ることが出来ない患者さんもいるので、その場合は清拭を行うことがあります。

寝たきりの患者さんもおり、そのような状態の患者さんは自分で体を動かせないので、同じ姿勢を長い時間続けると床ずれを起こしてしまう危険があります。ですがそういう状態の患者さんは動けませんから、床ずれを起こさない為にも、看護師が患者さんの体を動かしてあげます。その事を『体位変換』と言い、看護師の大事な仕事の一つになります。

患者さんは基本、ベッドの上で生活します。その為、常にベッドを清潔な状態に保つことはとても大切な事と言えます。ですから看護師の仕事の中には“ベッドメイキング”も含まれているのです。

病院の中には産婦人科もありますから、もし産婦人科の担当になった際は取り上げられた赤ちゃんの世話をするのも看護師の仕事となっています。