看護師の夜勤について

看護師を目指す者であれば避ける事が出来ないもの…それは「夜勤」です。仕事の内容的に、看護師の仕事時間は日中と決まっていません。常に時間の管理体制を行う必要がある入院患者を抱える病院なら尚更、日中だけ働くというのは難しいと言えるでしょう。

大きく分けて夜勤は二通りあり、その二つの勤務形態は『準夜勤』『深夜勤』と言われています。『準夜勤』と『深夜勤』の夜勤制度をとっているのは3交代制の病院であり、もし2交代制の場合だと、準夜勤・深夜勤の両方を合わせて『夜勤』といった時間帯になります。

病院によって少し異なってくる場合がありますが、準夜勤の勤務時間帯は通常は夕方の4時半~深夜0時が勤務時間帯となります。その後に入って来る深夜勤の看護師は、夜中の0時~翌朝8時半までが勤務時間となっているのが基本です。

『夜勤』はイメージ通り日中と比較すると大変なイメージがありますが、看護師となると想像以上に過酷な労働環境と言われています。勤務時間が長い上に、通常であれば眠っている時間に眠る事は出来ません。そういった過酷な労働環境なので、夜勤につくと手当がつくようにされています。手当の額は病院によって異なるのですが、通常だと夜勤の手当は1回3500円、深夜勤の場合1回4600円が相場となっています。

月に夜勤につく回数は8回までと厚生労働省では勧告しています。とはいえ、看護師が不足していて人手不足の病院が増えているので、厚生労働省の通達をきちんと守っている病院はとても少ない現状と言われているのです。

深夜勤の流れについて

看護師として働く際、かなり過酷な時間帯とされるのが『深夜勤』と言われています。看護師として働く際、深夜勤の仕事は一体どのようになっているのか?

交代する際、『準夜勤』の看護師から患者さんの状態について申し送りがあり、次は早朝に向けて準備を始めます。病院は通常、翌朝に基本的な検診…例えば採血等を患者さんに行います。早朝に採血を取るのが基本なので、看護師はその準備の為に注射の用意、チェックを行ったり等大切な作業を行わなければなりません。

もし採血を行う患者さんを間違えたりしてしまうと、今後の医療ミスに繋がる事がありますので、ミスを起こさないよう常に慎重にチェックをします。

深夜勤につく看護師は、看護師でない人も知っているでしょうが巡回を定期的に行っています。定期的に患者さんの病室を訪れて、患者さんにどこもおかしな様子はないか、しっかりとチェックしていきます。

そして寝たきりの患者さんは体を自分で動かせませんから、患者さんが床ずれを起こさない為に体位を変えたりします。点滴をしている患者さんの場合、点滴を交換する必要があれば新しい点滴と交換したり、もしくは点滴の量を調整したりする事もあります。

病院が始まるのは朝の6時からが普通とされています。朝6時になると、検温・脈拍・血圧の測定を看護師が行い、この時に採血も一緒に行うようにしています。午前8時になったら患者さんの朝食の時間になりますから、看護師は患者さんの食事の配膳をしたり、自分で食事をする事が出来ない患者さんには食事の介助を行うのです。その頃に日勤の看護師が交代にやってきますから、日勤の看護師に申し送りをして深夜勤を終える形になります。