日勤の流れについて

看護師は日勤だと仕事の流れはどういった感じになるのか? 日勤の看護師は、自分が来るまで勤務に就いていた深夜勤の看護師から申し送りを受けてから勤務につきます。もし2交代制となっている場合は、深夜勤ではなく夜勤の看護師から申し送りを受けます。

看護師の仕事としてまず朝から始めるのは、検温・血圧といった検診からが基本となっています。しかし場合によって、共同で深夜勤の看護師と検診を行うこともあります。
定期的に医師が患者さんを検診する事があり、それを回診といいます。回診は看護師もサポートとして医師に伴って行うようにしています。

医者の人が定期的に患者さんを検診することがあります。これを回診と言いますが、看護師も医者に伴い回診を行います。基本的には医者のサポート役に徹しています。

午前中に寝ている患者さんのベッドのシーツの張り替えを始め、ベッドメイキングを行います。日勤の看護師が主にベッドメイキングを行うと言われています。

新たな入院患者が日中に入る事もあるので、こういった場合は日勤の看護師が新たにやって来た入院患者の対応をすることになります。具体的には、患者さんに病棟内の説明、入院生活においての注意事項を患者さんに説明します。

働き始めてから時間が経ってくると、患者さんの昼食の時間になった時、昼食を患者さんに用意する事も看護師の仕事に含まれるようになります。自力で食事する事が不可能な患者さんには、勿論看護師が患者さんに食べさせてあげます。

時間が夕方になると、準夜勤の看護師が入ってきます。その時、日勤の看護師は患者の詳しい状況を次の準夜勤の看護師に伝えます。準夜勤の看護師と暫くの間、仕事を一緒にしますが次の看護師が入れば日勤の看護師の仕事は終了とされます。

休日について

交代で勤務時間を回しているのが看護師です。その為、不規則ではありますが休暇をとれるようにシステムが設定されています。

看護師の休みは二通りあるとされています。まず1つの方法として、交代制を設定する時に全員の看護師が予め、2日の休みを取れるように割り振りを決めていくといった方法があります。

他には、同僚である看護師と話し合い、休暇を決めるといった方法もあると言われています。例えば、その日はどうしても外せない大切な用事があるから、この日入ってもらえない?その代わりに自分はこの日に入るから等と話し、勤務する日を決めていくこともあるのです。

仕事内容は全然似ていませんが、24時間営業を交代で行っているというコンビニ店員も看護師と似ていると言えます。

レギュラーの休みは先程述べた通りですが、他のところと同じく看護師も有給休暇をとる事は可能です。何故なら看護師の有給休暇も『労働基準法』といった法律により、保障されているから権利があるのです。

とはいえ、有給休暇をとっても可能な日についてもしっかり話し合いを行います。

有給休暇を取る日については、『看護師』としてのキャリアで異なってきます。まず看護師として1年目の場合、有給休暇を10日間程取る事が可能です。2年目以降になると有給休暇を1日ずつ取れるようになってきて、最大で1年に20日間の有給休暇を取れるようになって来ます。